小屋づくり[8]

Archive

 

室内塗装の2回目。

前回、下地を塗った上に漆喰(しっくい)を塗りました。

石灰からできている漆喰、夏の湿気や冬の乾燥に効果があるそうです。

 

家族全員で共同作業

前回の下地塗りは自分一人で、設計士さんと大工さんにサポート頂きながら対応しました。

今回の漆喰塗りは、家族全員で作業。

小屋づくりを家族で楽しみ、愛着をもてるようにしたかったので。

 

マスキングテープをはってから、漆喰塗りのスタートです。

子どもたちは少し作業して、休憩して、作業して、飽きて。。。

あまり戦力にはなりませんでしたが、初めての体験で楽しんでいました。

 

前回の下地塗りよりも材料に粘りがあり、塗りやすかった印象です。

漆喰は石灰からできており、海藻(のようなもの)が入っているようで、独特の匂いがしました。

素人の作業ではありますが、逆にその無骨さ、不揃い感に味が。

 

 

 

 

当たり前だけど、静かな場所

田舎なので、当たり前ですが、静かです。

最近、自宅にいると本当にうるさい場所だな、とつくづく思います。

マンション工事の音、車の音(『左に曲がります。ご注意ください』とか)、犬のなきごえ、などなど。

都会で土日を感じるのは、少し静かになっているからだと気づいたりもしました。

たまたま自分が暮らしている場所が、そうなんだと思いますが、それにしても耳障りな環境です。

 

それに比べ、田舎は本当に静かです。

都会の人工的な雑音がなく、自然の音色が響いているので、心地よい。

自分にはこういう場所が向いています。

 

次は、薪ストーブ設置

薪ストーブの設置に立ち会い、その後、完了検査へ。

そして、引き渡しです。

 

Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter