移住計画[1]

以前、移住したい思いを吐き出しました。

ずっと、この気持ちがモヤモヤしています。

やりたいことができていないと。

 

そこで自分の気持ちと思考を整理し、アウトプットした上で家族会議を実施。

自分、妻、息子の3人で夜の21時から (娘は絵本読んで寝ました)。

 

なぜ、移住か?

  1. 自然の近くで暮らしたい
  2. 「今の環境を変えたい」という欲求、別の言い方をすれば「今の環境への飽き」
  3. 良さげな家に住んでみたい ※自分は建築が好きで、このあたりにこだわりがあります

 

3つとも自分のわがままな性格に起因しています。

考えてみて気づいたことは、「2」が思っている以上に強かったこと。

あれこれと合理的な理由があるというよりは、「今の環境を変えたい」という単純な欲求が日に日に高まっています。

少し前に、今の環境で2-3年、最長でも5年ぐらい我慢して、その後に「きちんと移住する方針(納得できる魅力的な土地を探して、そこに家を建てる方針)」も考えましたが、どうもそのプランが時間軸の観点で、自分にはしっくりきていないようです。

 

また「1」と「2」の理由が、うまくかみ合っていないことにも気がつきました。

「1」の自然の近くへ移ろうとすると、都会を離れることが前提ですが、「2」の欲求を優先すると、自然とかそんなの関係なく、今の環境が変わればいいと思ってしまい、何を目的・優先事項として考えるべきか分からなくなっていました。

「1」の話をする際は「移住」という表現、「2」の場合は「引っ越し」という表現で話をしていたようにも思います。

この微妙な違いが整理されないまま、やみくもに考えたり、動いていたことが良くありませんでした。

 

デメリットの洗い出し

次に、改めて移住することのデメリットを整理しました。

  1. 子どもたちの学校が変わる
  2. 今の都心部で暮らす利便性を手放す
  3. 今の家の設備を手放す
  4. 実家が遠くなり、いざという際に頼りにくい
  5. ふらっと会食したり、オフラインのMtgがしにくくなる(場所によってはできなくなる)

 

自分の中では「2」「3」「4」「5」 は理解・納得した上で移住を考えているので、デメリットになるかもしれないけど解くべきイシューではないと気づきました。

一方で、「1」は考慮しないといけないことがあります。

タイミングです。

子どもの小学校、中学校、高校の入学のタイミングは考慮しないと、例えば中学3年で転校は流石にかわいそう。

キリのよりタイミングを見つけたとしても、それなりに子どもには負担を強いるので、その点は最大限考慮してあげないといけません。

そう考えると、来年(2023年)の頭には移住しているか、もしくはそれができないなら今の場所で2年ほど我慢して3年後に移るか、この選択肢に絞られてきました。

今まで見えていなかった視点でした。

 

こう考えると、今から土地を探して家を建てて、なんてことは現実的に不可能です。

ってことは、移住は無理なのか。

 

発想の転換

思考の枠を取っ払って、もう少し柔軟に考えてみました。

自分が移住について考える際、以下のような枠があったようです。

  • 次の場所には長く住む(ミニマム10年)
  • 次の家は、自分で好きなように設計して建てる

 

この2つを取っ払うと

  • 引っ越しを前提に次の場所を選び、住む(3-5年ぐらい)
  • 賃貸で、いい家を見つける

となりました。

選択肢を広げて探せば、自分の納得できる家が見つかるかもしれません。

 

今まで思いつかなかったプランです。

昭和・平成のサラリーマンのような転勤族生活かもしれませんが、自分で好きな場所を選ぶという点では、全く違った生き方かもしれません。

家族(妻と息子)に話したところ、これが正解かどうかわからない前提ではあるものの、GoGo だったので、まずは動いてみようと思います。

子どもの入学・卒業を考えると、タイムリミットは約半年です。

 

Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter