組織図

何となく感覚で作成されがちな組織図。

自社で組織図を初めて作成する際の「きほんのき」を考えました。

なお、初めての組織図なので機能別組織を前提に考えます。

組織図の目的

主に2つの目的があります。

① レポートラインを共有する

組織図を使って、レポートラインを共有します。

別の言い方をすると「責任者を共有する」です。自分(もしくは相手)の上長、さらに上長の上長を共有します。

レポートライン=人事権となります。評価や報酬決定の権限を担う上長が明示されます。

人事権をもつ直属の上長と「ダイレクトレポート(ソリッドレポート)ライン」で実線で繋がり、プロジェクトチーム等で関わる間接的な上長とは「ドッテッドレポートライン」という点線で繋がります。

「ドッテッドレポートライン」は、外資系の文化で日本の組織図ではほとんど見ません。

② 担当者を共有する

組織図を使って、担当者を共有します。

組織は、分業と調整で成り立ちます。分業された仕事が組織図上で明示され、その担当者が配置されます。その担当者に相談したり、何か仕事で関わることを聞きにいくことができるようになります。

これが調整です。担当者で判断できない場合は、責任者に情報が流れます。

このようにして、分業と調整が拡張していきます。

初めて組織図をつくろうとすると「兼務」の取り扱いに困ります。

人が足りないので、あれもこれも兼務している状態が、スタートアップです。

原則は、組織図を使って担当者が分かるようにすること。分業された仕事の相談先として、主務の担当者がおらず、兼務者だけの場合は「兼務」として組織図に記載します。

主務の担当者がいて、さらに兼務者がいる場合、兼務者は組織図に記載する必要はありません。

階層は低く

階層が高くなると、実行のスピードが落ちます。スタートアップはスピードが命。計画、意思決定、実行、振り返り、改善、軌道修正、すべてが競争です。競争に勝つには、スピードが肝です。

また、階層は伝言ゲームを引き起こします。

伝言ゲームにメリットは何もありません。情報が正しく伝わらない可能性があったり、意図的に情報が操作されたりします。それが組織です。

伝言ゲームをなくすには、階層を無駄につくらないこと。複雑な理由をつくる必要はありません。

不要な階層は、悪です。

もちろん事業や戦略によって組織は変わりますが、組織は5階層でやりくりすることをおすすめします。

  1. 経営チーム
  2. 部長
  3. 次長
  4. 課長
  5. メンバー

部長や次長といった呼称は、例えです。マネージャー、シニアマネージャー、サブマネージャー、チームリーダーでも構いません。

部門の責任者(部長)、チームの責任者(課長)、部門とチームの間に落ちるボールの調整役(次長)で、組織をやりくりするイメージです。

5階層でやりくりできるように、仕事を標準化・仕組み化・自動化しましょう。

1年後の組織図を考える

スタートアップの組織拡張のタイミングにおいて、1年後の組織図を考え、アウトプットすることは是非おすすめしたいです。

組織がどう変わるのか、どこが採用で困りそうか、マネージャーが足りない部分がどこか、今からやっておいた方がよいことは何か、何が機能(ファンクション)として足りないか、などなど。

1年後を考えることで、今の組織図を再考するキッカケになるかもしれません。

普段の業務の延長ではないので、少し頭を切り替える必要はありそうです。オフサイトなど、いつもと違う環境で、余裕をもって考える時間を持てると良さそうです。

Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter