小屋体験_RECAMP勝浦

7月、RECAMP勝浦に家族で行ってきました。

一度、キャビンに宿泊したことがあり、全般的に満足度が高かった中でのリピート。
(子どもたちはお風呂を特に気に入っていましたが、なんと設備不良で入れず。お詫びとして薪1束をいただきました。ありがとうございました!)

 

今回はキャビンではなく、グレードアップの「タイニーハウス」へ。

以前、宿泊した際、散歩がてらに見に行き、小屋づくりの参考に泊まってみたいと思っていました。

そんなRECAMP勝浦のタイニーハウス記録です。

 

トレーラーハウスです。

コンクリで、外壁に木板が張り付けられています。

建物の広さは、10畳ぐらいかな。

テラス(ウッドデッキ)が繋がっていたり、ロフトがあるので、十分広く感じます。

 

テラスには、テーブルと小さいキッチン(水道・ガスコンロ)も。

これは面白いアイデアだと思い、小屋づくりの参考になりました。

室内は、ざっとこんな感じ。

 

シャワールームが。

これを小屋につくるのは大変だけど、あったら最高だな…

 

トイレも清潔過ぎる、パナソニックのアラウーノ(キャンプの領域ではない)。

 

リビングスペースもゆったり。

ここに2名が寝れる仕様。

クーラーも完備。

部屋に入った際、寒いくらいでした。

 

 

高台からの景色が素晴らしかったです。

 

次はロフトへ。

 

ロフトがあるだけで、子どもは静かになる。

ここで寝ました (が、暑くて夜起きてしまい、下のリビングで寝ました)。

 

食器類や鍋も揃っているのはありがたい。

 

もちろん焚き火も。
(こちらの写真は二日目、朝の焚き火。霧がすごかった)

 

 

霧が晴れると、、、

 

トイレやシャワー、キッチンが全部揃っているとはわかっていながらも、いざ宿泊してみると、たくさんの発見がありました。

こういう間取りで収まる、ロフトの高さと広さ、キッチンの場所、枕木の使い方、ファイヤーピットの場所、トイレの向き、シャワールームのイメージ、などなど。

すぐに自分の小屋に反映させることは難しいですが、ゆっくりと小屋を育てていきたいと思いました。

 

最後に海!(めちゃきれい。

Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter