ムリすれば、そのぶん跳ね返る。ムリはしない

先週1週間、体調不良でした。

本格的なのど痛。(熱も少し)

原因は、先々週のムリがたたったこと。

 

ムリすれば、跳ね返ってきます。

ムリしても、乗り越えることはできません。

ムリした先に得られるものは、不健康。

ムリすることは、もうやめました。

 

自分に言い聞かせるためのメモです。

 

先々週の働き方 (反省の振り返り)

先々週の働き方です。

月曜日、この日は問題なし。

 

火曜日、1日に3本の Mtg が入ってしまいました、それも連続で。

しないことリストに「1日3つ以上の Mtg(アポ) を入れない」と書いておきながら、守れていません。(反省その1)

 

水曜日、こちらもイレギュラーな Mtg が入り、疲れがたまりました。

 

木曜日、翌日が地鎮祭のため、翌日分のタスクにも対応したり、こういう日に限って依頼が増えるもので、21時過ぎまで仕事をしていました。(反省その2)

そこから地鎮祭に向けて最終準備。

 

金曜日、朝から車を走らせて(渋滞にはまり)、大工さんとの打ち合わせ、外でランチ、地鎮祭、車の中でオンライン Mtg 、近隣の方へのご挨拶。

夕方、スーパーでアイスクリームを食べている際、どっと疲れが表面化してきました。

さらに帰りも事故渋滞、家に着いたときの「疲れたー」は充実感・さわやかとは無縁の本当に意味での「疲れた。。。」でした。

そもそも、このスケジュールがイマイチだったかも。(反省その3)

 

土曜日、朝起きたらのどに一瞬違和感を感じましたが、午前中のフリーだったので楽観的な気持ちでした。

午後、子どもの野球に付き合い、審判をしている際、ジメジメな風がふき、蒸し暑いけど風はひんやりしている中、「あついっすねー」と「寒いな」を繰り返していました。

だいぶ身体が冷えたと思います。(反省その4)

帰ってきて、なんかやばいな、と感じていましたが、今週1週間お疲れ様ということで少しお酒を飲んで寝ました。(反省その5)

真夜中に目が覚めると、尋常じゃないほど、のどが痛い。相当腫れてました。

今年一番の「やってしまった」。

翌日の野球の付き添いも休み、審判も急きょ変わっていただき(ありがとうございました!)、安静の1週間が始まりました。

 

日曜日こそ、ムリをしなくて本当によかった。

この日は一日ゆっくりと休みました。

 

手帳を振り返ってみると、就寝時間も23時から23時半ぐらいでした。(反省その6)

仕事が特別に忙しかったというよりは、逆に少し余裕があった分、隙をつくってしまいました。

 

1週間の安静記録

月曜日、近所の病院に行き、薬を処方してもらいました。

「だいぶ、腫れてるね~」の一言。

クライアントと Mtg もない日なので、気持ち的に余裕がありました。

昨日(日曜)よりも、のどの痛みは多少収まりました。

 

火曜日、Mtg を2本対応して終了。

しゃべるとのどに負担があって、昨日と症状が変わらない、もしくは少し悪くなった印象でした。

 

水曜日、この日の Mtg は1本。オブザーバー的な役割の日で本当に助かりました。

痰がからまり、咳が出始めました。

息をするのに、若干の違和感がある感じで、なかなか快方に向かいません。

 

木曜日、咳と痰は続きましたが、何となく前日よりも良くなっている印象。

2本の Mtg に出席しました。

 

金曜日、だいぶ元に戻ってきました。

5日間の薬の効果も出たと思います(2回分を飲み損ねました)。

明日は大丈夫だろう、との気持ちの一方で、子どもの野球の付き添いは大事をとって休むことにしました。

行けなくもないけど、ムリはしたくない。

治し切ることが大事です。

(あ、夕方、六本木の写真展にも行ってました)

平間至さんの写真展
帰りに、そば

 

土曜日、散歩がてら少し外に出かけました。

95%ぐらい治りました。

 

日曜日、本屋と図書館へ。

ある軽めのランニングも。

この1週間はランニングは休んでいたので、リハビリも兼ねたランです。

暑さが猛烈で、これもムリをしてはいけません。

 

振り返り

多少のムリを許容してしまう性格です。

これは、もうやめた方がよさそう。

ムリして乗り越えても、いいことはありません。

いえ、悪いことしかありません。

 

「できない」のではなく「やらない」。

自分の能力・体力・気力の問題ではなく、意思の問題として捉えます。

「できる」けど「やらない」の構造が、遺伝的・慣習的にネガティブに反応しているのかもしれません。

なまけているように聞こえます。

でも、もうそれで良しとします。

 

今日から徹底的に実践します。

ムリはしません。

Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter