コロナ感染記

支援物資をいただきました、感謝です。

 

自分がコロナに感染した記録を書きました。

1日目

夜(19時ごろ)、のどに違和感が。

大きな異物がのど、というかのどと胸の間あたりに詰まっているような感覚。

痛いというよりは、異物を感じることへの気持ち悪さがありました。

のどから体調不良が始まる自分にとって、いつもと違うなと。

 

2日目

朝起きると熱っぽさがありました。

体温を測ると、37.2。

時間とともに熱は上がり、夕方には 38.6。

寒気、腹痛、関節痛を伴っていました。

一方、前日ののどの違和感は落ちついたようで、それほど気にならない状態です。

久しぶりにお粥を。

21時に就寝後、熱で24時前に起きてしまいました。

39度を超えており、ふらふら。

あと、このとき吐き気が結構ありました。

カロナール200を2錠飲んだら、すっと熱が落ちつき、朝まで寝ることができました。

 

3日目

朝の体温は、38度前後。

前日の寒気、腹痛、関節痛が収まってきたら、今度は激しい頭痛。

昼には再び39度になり、バファリンを飲んで寝てました。

 

そして、この日の夜、検査ができることに。

問診後、抗原検査とPCR検査を受け、薬を処方していただき、家路へ。

抗原検査の結果が2時間後にはわかり、陽性。

この日もお粥です。

21時に就寝、頭痛が収まると同時に、次は咳が。

痰もからんでいます。

23時すぎには起きてしまい、39度ぐらいまで熱が上がってきました。

今度は、処方いただいたカロナール500で対応。

だいぶ効いてくれたようで、すぐに眠れました。

 

4日目

熱はまだ37-38度台ではあるのですが、何となくピークは過ぎた感覚もあり、家事を少しやったりして、気を紛らわせたりしていました。

昼間に薬を飲まず、過ごせました。

食事も、お粥でなく、白飯を食べることができました。

昨日からの咳は続きます。

明日には何とかなるだろう、という淡い期待が。

ただ、夜になると鼻詰まり。

鼻水は出ていませんが、鼻が詰まって寝れません。

困った。。。

そのまま寝れずに23時過ぎ、熱は38度を切っていましたが、身体が熱く感じるのでカロナール500を飲んで再び寝床へ。

なかなか寝付けませんでした。

 

5日目

36.8、やっと平熱まで落ち着きました。

咳と鼻詰まりは続いていますが、日常生活を送ることができるレベルに。

今日から少しずつ仕事も開始。

 

6日目

鼻詰まりが治ってきました。

熱も大丈夫。

体力が落ちていることは感じます。

体重は1週間前と比べて、2.5キロ落ちました。

隔離期間が終わったら、少しずつランニングしよう。

 

7日目

全体的におさまってきたと思ったら、腹痛と下痢が…

ウィルスがお腹の中にいるのを感じます。

夕飯を食べると、一気に腹痛が。

悶絶するくらい、お腹が痛い。

まだか。

症状のオンパレード。

 

8日目

昨日に続き、腹痛と下痢。

それ以外は特に問題なし。

 

9日目

下痢もおさまり、回復したといって良さそう。

隔離期間もあと二日。
(1日目をカウントせず、翌日から10日間が隔離期間のため。症状が出て実質11日間が自宅療養の隔離となる)

 

10日目

隔離生活の疲れはたまってきましたが、回復です。

日常に戻った。。。

 

症状まとめ

  • 発症は、のどの違和感から
  • 熱は2-4日目。特に2日目と3日目が高く、夜になると39度ごえ
  • 次から次へと症状が出てくる(吐き気、寒気、腹痛、関節痛、頭痛、咳、痰、鼻詰まり、下痢)
  • 3日目がピーク、5日目で日常に近づいた
Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter