「固定費は悪」と身をもって知る

現在、自宅で働いています。

コンサルタントとして独立してから、5つの場所で働いてきました。

自宅で働くことは、今の自分に合っているようです。

2014年7月、独立、間借りで働く

実家が商売をしていたので、独立時は、そこを間借りさせりもらいました。

PCとインターネットがあれば、仕事はできたので、独立までの準備のハードルは低かったです。

「固定費は悪」という固定観念を大事にして、とにかくコストをかけないように注意。

当時は、妻も子どももいたので、まずは食っていくことに必死でした。

※当時の写真がない…

2015年6月、間借り & コワーキングスペース

実家の近くにコーワーキングスペースを見つけて、利用することにしました。

「いいオフィス上野」というところで、当時は昭和通り沿いにありました。

ナイト&ホリデープランで月額12,960円。遂に固定費が…

18時まで間借りの仕事場で働き、散歩がてらに移動。夜は、いいオフィスで仕事をしていました。週末もちょいちょい利用していました。土曜日のAMはほとんど行っていたかな。

気分転換が必要に感じて、ちょうど良いワークスペースになりました。

自分は、人見知りでコミュニケーションが苦手なので、支配人以外の方とは誰とも話さなかったと記憶しています。

2016年2月、1ルーム事務所

友人に撮影してもらいました

独立して、1年半が過ぎた年末年始、そろそろ自由にできる働ける場所が欲しくなり、事務所を探し始めました。

2月に1ルームの賃貸に引越し。ようやく自分の城が持てました。

自宅から自転車で5分ぐらいの場所でした。

ここには2021年2月までの5年間を過ごしました。今のところ、最も長い事務所でした。

一人で働くにはちょうど良い広さで、交通の便も良く、仕事をするには適した場所だったと思います。

家賃は 108,000円でしたが、自由に働ける場所として十分にペイしている感覚がありました。

とりあえず机と椅子だけで仕事
念願の本棚
少しずつモノが増える
引っ越しの準備

2021年3月、広くて綺麗な事務所

アシスタントさんが2名になりました。

コロナ禍でしたが、体制的にフルリモートワークがまだ難しい状態。事務所が手狭になってきたので、引っ越しを検討します。

金銭的にも若干の余裕があると「固定費は悪」と分かっているのに少しは贅沢したいな~と、いらん欲が出てきます。「でも」と踏ん張っても、いくらでも自分を正当化できます。性善説・性悪説ならぬ、性弱説です。

確かに広くて快適な空間でしたが、数か月ほどで環境に慣れてしまうと家賃 234,000円が気になります。やっぱり無駄遣いしている感覚が抜けきれず、倹約すべき、という正義感がふつふつとわいてきます。

結局、10月に解約手続き、12月に退去。違約金も払いましたが、気持ちはスッキリです。

自分のように独立している人間にとって、やはり「固定費は悪」なのです。

広めの部屋
本棚も引っ越し

2021年10月、自宅で仕事

家族の協力あって、自宅で仕事ができています。事務所時代に比べると、一人で集中できる時間は減っているかもしれませんが、うまく気分転換できています。

事務所を引き払うと同時に、以下の道具も捨てました。

  • プリンター
  • スキャナー
  • 本棚と本
  • 保管していた紙類

本棚と本は、なくなるとかなり不便に感じています。知識や知見が商売の武器になるため、本はやっぱり大事なんだな、と強く理解しました。

ただ、モノは減らしたい気持ちも強く、一方で Kindle だと専門書の読み込みが難しく、悩ましいところです。まだ自分なりの解は出ておらず、試行錯誤の日々です。

今の仕事場
Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter