中間評価」タグアーカイブ

中間評価のすゝめ

マニアックなテーマになるが、スタートアップの評価制度において「中間評価」の仕組みを導入することをオススメしたい。分かりやすく例で言うと、6ヶ月間の評価期間がある場合、3ヶ月の中間地点で評価を実施する仕組みだ。この中間評価は、個人の評価や給与に反映されない前提である。こういう仕組みを提案すると「評価や給与に反映されないのに、なぜ中間で評価するのか?」「運用の負荷が高いのでは?」といった声を頂くことがある。実際、提案はするものの中間評価は取り入れず、期末の最終評価のみで運用するケースもある。一般的には、中間評価はやらずに最終評価のみという方が多いのかもしれない。

たしかに中間評価を導入することは運用の負荷が高まる。6ヶ月に1回の評価(年2回の評価)が3ヶ月に1回(年4回の評価)になるので、評価シートへの記入から評価面談(1on1)、フィードバックなど確かに負荷が高い。ただ、こうした負荷(デメリット)よりも中間評価の効果(メリット)を感じる機会が増えたので、その効果についてまとめてみたい。

中間評価のメリット ①評価のサプライズ防止

最終評価のタイミングで評価のサプライズ(自己評価と評価者評価で大きくズレが生じること)が起きてしまうと、その時点でサプライズを解消することが難しい。結果として、被評価者は評価に納得できなかったり、評価者が自分の評価を捻じ曲げて「事なかれ評価」が発生し、評価が形骸化する。こうした状態を防ぐためにも、評価期間の中間地点で評価を実施することは効果的だ。もちろん、このタイミングではまだ成果が出ていなかったり、評価が分からないこともある。それはそのままフィードバックしてしまってOK。評価期間が締まるタイミングで、こういう分からない状態・見えていない状態にならないようにお互いが意識できることもメリットの1つである。

中間評価のメリット ②目標達成の確度と質を高める

上記の通り、中間地点で期待される成果を出せているケースは少ない。ただし、中間地点までの動きや成果を見て、残りの評価期間の中で帳尻を合わせられるかどうかをチェックし、必要に応じて叱咤激励することはできる。この叱咤激励が大切だ。日々の1on1で進捗を擦り合わせしていながらも、公式な評価で現時点のフィードバックをするためにお互いが真剣に振り返りを行う。達成が厳しいなら、その巻き返しを真剣に考える機会となる。 被評価者だけでなく、評価者も。 このタイミングで中間評価が入っていることで目標達成の確度や質を上げることが真の狙いになる。

中間評価のメリット ③目標の変更

OKRの記事でも書いたが、スタートアップの目標設定は柔軟性が大事なので、Objectiveはなるべく変えないがKey Resultは変えてよいという考え方を制度に反映させている。日々の1on1で目標(主にKey Result)について話し合い、状況に応じて目標を変えることもあると思うが、中間評価という1つの節目で目標について再度コミットする機会をつくり、目標が合っていないなら変える機会を制度としてつくることもメリットである。目標が変わらないケースも多いが、中間評価のタイミングで見直しができると分かっていれば、期初の先が見えにくい場面でもまずはチャレンジしてみようと制度が後押しできるようになる

中間評価のメリット ④評価制度の検証

スタートアップで評価制度の運用を開始して間もないと、まだ制度が自社にマッチしていなかったり、運用開始から一定の時間を経たとしても事業や組織の成長と共に制度がマッチしなくなってくることも多い。その際に、中間評価を踏まえて評価制度の課題や改善点を議論する機会をつくると本番の最終評価に軌道修正することができたりする。評価期間中の制度変更が社員にとって後出しじゃんけんで不利益に感じてしまう場合は翌期から制度変更することにはなるが、課題や改善点があるということは社員にとって好ましい状態でないことが多いので臨機応変に変更することはポジティブに受け取られることが多い。また、こうしたチューニングを欠かさないことは、会社が評価制度を真剣に運用していることを表しており、制度に対する社員の信頼感も高まるというメリットもある。

中間評価のメリット ⑤評価に慣れる

いきなり本番としての最終評価を実施する前に、処遇(給与や昇格など)には反映されない中間評価を経験できることは被評価者にとっても評価者にとっても、お互いの認識や評価に対するスタンスを把握する上で効果的だと思う。また中途採用がメインのスタートアップでは、前職で評価制度を経験している社員も少なくない。前職での評価の経験があると、自然と「評価はこういうもんだよね」と思い込んでしまい、いざ最終評価のタイミングで思っていたものと違っていたという流れになることもある。人事メンバーが新入社員に評価シートやマニュアルを事前に説明したり、オンボーディングのタイミングでトライアル評価をやってみたりするプロセス(理解活動)の1つとして、中間評価を位置付けることもできる。

終わりに

中間評価は運用の負荷が高いことは間違いない。そこがネックとなり、中間評価を制度として組み込まないケースもある。ただし、日々の仕事やモチベーションに大きく影響を与える評価制度にきちんと機能してもらうためには効果的な仕組みだと思う。実際に中間評価を運用しているクライアントさんからは、負荷が高いことを理由に中間評価を止めるか?といった声は挙がるが、上記のメリットを踏まえて継続しているケースがほとんどだ。この次を考える立場としては「このメリットを残しながら、いかに負荷を下げることができるか」なのかもしれない。