給与」カテゴリーアーカイブ

給与制度(給与レンジや昇給テーブルなど)を公開するか?

以前、個人の等級(グレード)を公開した方がいいかも、という個人的見解を述べたが、給与制度( 給与レンジや昇給テーブルなど )についても質問を受ける機会があったので、こちらも自分の考えをまとめてみたい。

人事制度設計のポリシー

まず公開する・公開しないを決めるための判断基準を考えてみた。これは「公開する・公開しない」の結果として自分たちがどういう状態になりないか、というToBeを考えるということ。自分が人事制度を設計する際に、常に意識していることは制度設計を通じて「仕事に集中できる環境をつくる」ということ。しがらみや嫉妬、不安、不満、怒りといった集中を阻害する要因をなるべく排除して、自分の仕事や会社の成長に集中して取り組める、そしてその状態を(辛いけど)楽しめる状態になっていることが、自分の考えるポリシーである。この状態に近づくために効果的な施策であればGoだし、そうでなければGoではないという判断基準で考えてみたい。

給与レンジや昇給テーブルは公開する

給与レンジや昇給テーブルは「仕事に集中できる環境をつくる」ために公開した方が良いと考える。公開した方が仕事に集中できる、というよりは公開しなかった場合に仕事に集中できない状況になるといった方が正しいかもしれない。

給与レンジや昇給テーブルは隠されれば隠されるほど気になる。

  • なぜ会社は給与レンジや昇給テーブルを公開しないのだろうか?
  • 実は給与水準が低いのでは?
  • キャリアアップしても将来的に年収が上がらないのでは?
  • 高評価を取っても昇給しないのでは?
  • 低評価だと給与が下がるのでは?
  • 実は給与について何も考えていないのでは?
  • 給与の相場観を全然知らないのでは?

こんな不安が聞こえてくる。年1~2回の給与改定のタイミングで、こういった不安な気持ちにさせるだけでも仕事への集中を阻害する要因だと思う。そして、フィードバック面談のタイミングで個別に質問され、不毛な時間が流れていく。この時間は本当に何も価値を生んでいない、というよりお互いの関係性を確実に悪くするだけの時間だと思う。

一方で公開しない派の(経営陣の)声は、例えばこんな内容だ。

  • 一度公開すると非公開にはしにくい
  • 公開した後に数字を変える場合、説明責任が伴う
  • 給与レンジや昇給テーブルを見て、その金額に不満を持つ人がいるかもしれない
  • 逆にその金額を見て満足する人はいないと思う

どれもその通りだと思うし、それが経営というものだと思う。一度アクションを取れば、それをやり切る気概は必要だし、勇気ある撤退をするならその説明責任は必須ということ。あと動機づけ要因・衛生要因という考え方でも示している通り、お金(給与)は社員の不満を助長する要因はあっても満足を促す要因ではない。よって給与制度を公開して不満が出てくるかもしれないし、満足につなげようと過度に期待する必要もない。それよりは、公開しないことで(余計な)不安な気持ちを引き起こし、不毛な質疑応答に時間を奪われ、仕事に集中しきれない状態をつくる方がよっぽど害がある。

意外とこういう議論の際に出てこない話だが、非公開にしても常にバレるリスクがあり、実際に給与レンジや昇給テーブルの断片情報が酒場で漏洩するケースは、よくある話。「自分は~評価で~円上がった」とか「~グレードはだいたい年収が600万ぐらいらしい」。こういう断片情報がいつしか誤った情報として伝わり、勝手な被害妄想につながることも避けたい。それを止める施策を考えたり、止めようと努力を促す労力・時間も仕事の集中を大いに阻害する要因であり、経営陣がこんな話をしている時間は全くもって無駄だと思う。

終わりに

経験を話すと、給与制度を公開する公開しないで迷っているケースでも、いざ公開してみると「ふ~ん」で終わることが多い。職種で給与レンジを変えている場合は意見や質問、不満が出たりもするが、それは経営の判断なのでその決断に至った背景を説明するしかない。一方で「公開しない」と判断したケースでは常に給与改定のタイミングで 「給与レンジについて質問が出たが、どうする?」 「本当に公開しないが正しいのか?」といった議論が起こる。この議論に経営陣の時間を何度も使うことだけを考えても、給与制度を公開することのメリットはあるだろう。